読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ねる高さにいること

要はそういうことなので帰ってからベッドに付しています。脚の虚脱感(迫真)

 

 

最近早朝覚醒が多い。寝るのが早いのもあるかもしれないが、老人顔負けの早朝覚醒&動悸。動悸動悸動悸ドキ!(死亡)(すればいいのに〜)日本では早朝徘徊もしてましたが、ハワイだと憚られるためせいぜい近所のコンビニに行ってコーヒーをゲットするくらいです。夜中の空が朝焼けがかっていくのを見つつ窓から首を伸ばして色々チェックしてみました。窓を開けて真下には店のサンルーフらしきものがあるため、これは避けた方が無難だろう。窓は一枚のみ開くようになっているので、落下点を確実にコンクリートに定めるには窓の縁を歩く必要がある。…そうすれば死ねるのでは?椰子の木に引っかかりはしないだろう。最たる問題点は車だが、落下までを3秒とすればタイミングを見計らえばいい話で、そのためにはある程度の明るさが必要。夕方は車の通りも人通りもそれなりにある。以上のことから、明け方がベストだと私は考える。…とまぁ今日ここまで考えて、同じようなことを初日にも確認しておいたのを思い出した。死はいつも隣に。死ねる高さにいることは強迫観念を誘発する。死ねばいいじゃん?なんでできない?死ねば全部解決じゃん。これを17,8歳からやってきた。ただ、当時は実家が戸建てのためバスに乗るか自転車爆走で目的地まで出向く必要があった。今はそれもないし、前のコンドミニアムとは違い窓が開く。ガラスを割ってから死ねませんでした、もない。しかし死ねなかったら?未遂だったら?もうハワイにはいられない。自殺未遂ならやってきた。ちょうど最後に首を吊ってから1年程経つ。遺書を書く人間は死ねない。用意周到な人間もなかなか死まで至らない。絶望だけでは死に至らない。勢い、瞬発力、衝動性が重要だからだ。

いくら楽しくとも幸福の片鱗を感じ取ろうとも死んだ方が良いに決まってる。これが真理だと思ってるんですよね…。何事も死という救済の前では無力だと…

しかしながら、私は自殺できないだろう。諦めたからハワイに来ることを決めた。死ねる死ねるいつか死ねるで死ねなかったので。だから私はこの方向性でいく。死ねない私は生きていくしかない。生きていくにはこのまま決めた通りに、潰れないように分析しながら、焦燥感に騙されず、不安を煽る人間を排斥しつつ、いくしかない。死ねないだろうから。まぁそう思っていた方が案外、意外にあっさり死ねるかもしれないし…。

 

 

f:id:oubli:20160901141333j:image

今日は海を見たりしました。熱帯魚オブ熱帯魚がいた。ここ、以前観光で訪れた際には賑わっていたが現在では”ゴーストタウン化”している。小学生の頃はこの周辺でマグネットを買ったり写真の押し売りにあったりしたんですがね。やはりハワイの主要産業は観光なんですね…駄目だ鬱になる。私にとって地雷なのは「で?いつまでいるわけ?」みたいな質問。この方やはり1セッションのみ滞在ですね。ただ、1月にまたハワイに来ると言って頂いたのでそれは救いかもしれない。洗濯ネット持ってくれる人とかそういないのでは?知らないけど。 

チアフルな記憶が薄れるのがさすがに堪えるのでできるだけ自分の脳内漁っていきます

let me eat cupcakes

ブログってどんな方向性でいけばいいのか分からなくなることってありません?私はあります。まさに今です。

どのみち自己満承認欲求まみれだから方向性もクソもないかもしれないけどTwitter含めブログは記録として意外に役に立つこともある。以前の自分を振り返りたくなるのってメ…じゃなかった疾患者にはよくあることだと思いませんか?

 

 

今日はカップケーキを持っている人がおり、聞いたところによるとlet them eat cupcakesで買ったと言う。この店、私がしきりに行きたがっていた店でした。しかし旅行中には行けませんでした。一度カップケーキで微妙な気分を味わっているため、どんなもんかとまじまじと見せてもらうと、結構美味しそう。しかも近い。

f:id:oubli:20160831132804j:image

レッドベルベット(何だろうか一体)が一番無難そうに思いました。彼女が持っていたのもこれでしたし…。で、例の三人で食事した後好きな方に行ってみたいと申し上げました。行けました。これ、上のクリーム(本にはバタークリームと書いてあるが…)がかなり濃厚で大きさもアメリカです。一つを買って二人で分けることができました(私の頭は大丈夫だろうか?)。小麦の味がきちんとあり甘さも他と比較すると控えめで美味です。人前でものを食べること(特に私が安全でないと判断を下したもの)はかなり無理でした。しかしいけました(目の前で誤魔化しながらカロリミット飲んではいますが)。早朝覚醒とかあるけど、結構楽しいかもしれない。

ただ、場所が場所なのでまた頭の痛い問題があります。

加えて今回のグレードをパスするために必要な要項がまずい!(ヤバ!)

ネクストセッションから午後のクラスを追加するためにまたプレイスメントテストを受ける必要があるらしい(厳しい!)

これでも中間発表におけるパーティシペーション(参加率)は前回より格段に上がっていて”画期的だな”と口に出してしまったほど。転じて元来のクソな生真面目さが、筆記テストの成績に不満を述べている。

 

 

ここからは長期戦です。とにかく潰れないようにすること、これが一番重要(自分にとって)。早速ストーム襲来で床に寝てたりしましたが、残された日々を有意義に過ごしたいです。

 

 

f:id:oubli:20160831133832j:image

教室が寒いので長いスカートなら大丈夫か?と思ったがやはり寒かった。(パーカーもデカすぎてムササビと化した。買い直し)

 

 

 

 

(    )多過ぎでラップ刻んでるような文章ですね。

広告を非表示にする

お前のせいで生きるのが辛い

そんな感じの毎日でした…。虚&無。虚(うつ)ろってる。大胆な行動は身を滅ぼしかねないと重々承知ではあるが気付けば突っ走るクソみたいな習性。しかし、今回はこの習性が結果的に救いになった。もちろん、生きることがトラブル、人間に生まれたのが大きな間違い、希死念慮が大親友、なので絶えず問題を孕んではいるけど一週間前と今では、虚無の濃さが違います。

自分でも感心したことには、嫌な記憶を刹那で忘れ、速攻change my mind 

つまり虚無の元になったことについて勢いづいて相談した相手に好意を持ったかもしれないということです。勝手に思ってるだけかもしれないけど友達としても気が合ってるんじゃないか?と感じます。話すようになってからは結構行動を共にします。

昨日、”上着忘れて貸してもらうとかオイシイシチュだよな”と思っていたら本当に実現しました。ハワイ、外は暑いですが場所によって半端なくクーラー効いてまして、中央統制式になっているので誰も温度を変えられません。初日はそれが盲点でしたが、さすがに学習するというもので毎日パーカーみたいなのを持って行ってましたが昨日は鞄から滑り落ちたらしく残骸が部屋に残っているのを帰ってから確認しました。もしかして私は、妄想を現実にする力を秘めていたのでは?今まで全く発動の気配無かったけど。…やべぇな。しかし、恋愛感情は本当に私をクソ化させます。我ながら何なんだと思います。本当です。是非信じて下さい。それに自分でどうにかできることって少数じゃん?恋愛感情って私にとっては一種の防衛反応だと思ってるし。自己完結が何より大事

日本にいた時より嗜好はヘルシーになってきたけど思考はヘルシーじゃねぇなぁ

 

 

f:id:oubli:20160828125041j:image

虚無の最中、処方ミスが引き起こした両親のハワイ渡航。母のハワイアンナッティラテを奪ったら美味で止まらなくなった。

デジレルが無いと、頭がおかしくなると思ってますが、デジレル関連のトラブルがあまりに多い。振り返ってみると、塊で失くしたと思い込んでいただけで数ヶ月前から処方ミスがあったことに気が付いた。足りない足りないデジレル足りない、いつも思っていたがそういうことだった。イラッ

 

 

f:id:oubli:20160828130413j:image

部屋はこんな感じ。女子供の叫び声が同じフロアから聞こえた以外は別段問題ありません。

 

 

私の不安を煽る奴は風に煽られて日本に帰れ。

親が私の自殺跡を見た話

今日でハワイに来てから恐らくは丸一週間。ウィークデーが終わり、学校に一週間行ったことになる。調子に乗れば後悔するのはさすがに学習したけど今までが今までだっただけに、感慨深いものがある。大学を休学してから抗鬱剤を試し、寒い時期は引きこもり。一時仮面浪人したが鬱が悪化し挫折。それからは誰とも口をきかないか、必要最低限会話するのみだったりが続く。精神と時の部屋でひたすら小説ばかり考えていた。(サイトにタイトルが掲載されたときは心臓を吐くかと思った。これは数日前の話)

こんな状況だったため、成田からホノルルまで一人で搭乗し、種々の手続きできるかも怪しく、アワアワアワアワビ!な感じ。

学校は1日目にアクシデントがあり、無理かも〜とか思いましたが、ハワイに土着することだけが生きていける可能性のある唯一の冴えた方法なのでそれを心に何とか一週間が終わった。ヒキニートで脳が溶けてるけど、一週間終えた自分に圧倒的感謝。加えてサポートしてくれる知人夫婦にも。(突っ込みたいところはかなりありますが。特にレスリンと婚活で寝たきりになってしまった人の話。レスリンってデジレルじゃん)それから親切な人。親切な人限定。

 

 

両親が、日本で私がカビのように生息していたマンションに行ったら色々発見した話。

ペットシーツや、クレモナロープで作った輪などを見たそうです。クレモナロープについては以前に言及しておりましたが、ペットシーツについては失念していました。何故ペットシーツを溜め込んでいたかというのは、首吊りを考慮に入れた人ならなんとなくご理解頂けるかと存じます。

加えて私が殴ったり蹴ったりで空けた穴。賃貸なのでチーン😇

まずかったのは”触ったら溶けた野菜”。父が冷蔵庫を開けたところ、野菜室に緑色の野菜だったものを発見し、触ったら溶けたらしい。生野菜を買ったのは、恐らく気力のある時だからそれは…。

苦しんだんだね…としみじみ言われました。今じゃ、誰のせいだよ(お前の責任だ)と返しても向こうがキレたり取り乱したりはなくなった。おかげでハワイにいる。

 

 

風呂嫌いは相変わらずですが、今日もシャワーを浴びた。えらいぞ

 

 

 

摂食障害見つけた

同族嫌悪が酷いので、そういう”匂い”には敏感だと思う。

ホテルの朝食ビュッフェで、視界の隅に入ったと思ったら何回も往復している人。量が尋常ではない。

ここのホテルでは初めて見るが、母親は以前、私の入院先(摂食障害とボーダー率が異様に高い)から徒歩圏内のビジネスホテルのビュッフェで、大盛りにしては中座し…を繰り返す痩せ細った親子を見たそうだ。

共通するのは、どちらも奥まった席に通されているということ。

 

最近、世界仰天ニュースの摂食障害に関する動画を2本見た。

1本は木村恵さんという拒食症になった女性の闘病記。なんとかという名前のカウンセラー(気取り?)が過食を予期していた点と、自殺の否定を禁止したこと、”食べたことに触れない”方針は個人的に納得できるものだった。が、半分狂ってるし(制作側と作り方が特に)虚偽まみれだろう。加えて現在の姿が精神的に健康そうには見えなかったが、再現VTRの演技で不快感を消してくれました。

 

私は以前、芸能事務所にいた。芸能事務所に入りたくて入ったのだが、これも人格の歪みからきているんじゃないかと思う。そこでの案件として、世界仰天ニュースの再現VTRというものがあったのだが、勝手に別の役に応募されていたのが通ったらしくブチ切れ、パニックの盛りだった私はパニックに陥った。それが辞めるきっかけの一つとなった。

とにかく、演技は必要とされていなかったし、第一、何の訓練もなくいきなり映画のオーディションを受けさせるような感じの事務所だった。良く言えば、現場主義。

だからこそあの木村恵さん役がすごく響いた。化粧や合成はあるにしても。

追記として、2014年冬から精神状態の悪化と共に容姿も劣化したと自覚はしているので、今だったら無理です。

 

 

2本目は、中国の農村地帯に住む”大食い少女”。こちらは終始、不快感しか覚えなかった。本人や彼女を拾った父親に非はないだろうと思う。単に知識が足りないだけだ。ただし、本人は自身の過食行為を”病気”と認めている。面白がっているマスゴミもいちいち「えーっ!」と白々しい声を上げる輩も心底不愉快だ。中国のテレビが彼女を病院に連れて行く企画を立てたらしいが、結果何も身を結んでいない。だが、「精神的なもの」との見立ては立てている。大体行為自体が完全に過食嘔吐だ。

一方では摂食障害として放映し、もう一方では知らぬ振り。

おそ松さん放映以来テレビをつけていないけどそれでよかった。

 

 

しかし恐ろしいのは、全ては他人事で済まされないという事実。一度摂食障害になってしまえば、寛解はあれど完治はないだろう。摂食障害を克服したと自称するカウンセラーもどき数人などを見ても強く感じたことだ。およそ間違いではないと思う。彼らは優越感に浸ることは好きで、それを隠せていない。食へのこだわりも隠しきれていなかった。

それは私も同じだろう。

 

 

今日は、フライトです。昨日は両親と食事をしそのまま空港行きのバスが出るホテルに泊まりました。色々と混乱しています。創作ノイローゼも相変わらずです。

 

 

f:id:oubli:20160715103345j:image

2回目のアリス

 

 

f:id:oubli:20160715103418j:image

私が書いた話の”かんざし”と似ているらしいです。

 

 

暇と緊張感を持て余し、また感染症情報センターから更新する可能性があります。

広告を非表示にする

自己愛性人格障害

ナルシスト、醜形恐怖的感覚、人格障害疑惑、気分変調の四重苦。しかしナルシストは人類皆当てはまるだろう。そうでなければ生きていけないし。こんな話を聞いたことがある。

「どんなブスでも自分が可愛いと思っている」

 

 

自己判断で病名や障害をつけようと思えばいくらでもつけられると思う。当人が自身に病名や障害を名乗るのはうすら寒いかもしれないが、どうしても気付けばやっている。大体、中学生のファッションメンヘラじゃなくて認定済みの疾患者なんだから個人で喚くぶんには何か言われる筋合いないわ。私のこれは良く言えば自己解析の一部。他者を解析したがる人間は嫌いだけど。というか、基本的に好まない。

 

 

今回ピックアップするのは(しなくてもいい)自己愛性人格障害的な部分について。

自己愛性人格障害の人は、極度に傷つきやすい側面を持っています。
たえず周囲の視線を気にしてビクビクしています。

それは、理想化した自分のイメージを打ち砕かれる恐れがあるからです。
自己愛が非常に強く、自分はすごいと思い込んでいる人が持っているものは、実績に裏打ちされた自信ではなく、根拠のない自信です。
そのため、常に心の中で大きな不安を抱えています。

根拠のない自信は、厳しい現実を突きつけられると打ち砕かれ、本人は傷つきます。
ですので、自己愛性人格障害な人は現実を直視するのを恐れ、常に防衛的な姿勢を取ります。

自分は注目の的でありたいのに全然注目してもらえないと、寂しい気持ちになり自己嫌悪に陥ったり、注目してくれない周囲に攻撃的になったりします。
褒められると思っていたのに褒めてもらえないと、落胆するとともに恨みがましい気持ちになります。

そのように期待通りにいかずに傷ついてるのを周囲に気付かれたら、さらに立ち直れなくなるくらい傷つきます。
ですので、自分が傷ついていることを気付かれないようにします。

 

自己愛性人格障害の人の顔つきはなんとなく爬虫類系に見えるという方が多く、また表情が汲み取りにくいと言われています。そのように言う方には、例えば、笑っているのに目が据わっていることや、目つきが悪く何を考えているのかわからないと言う方も少なくありません。

しかし、症状である「人が自分を特別だと思っている」「周囲の人が自分を羨んでいる」「他人から嫉妬されていると思い込んでいるのに、幸せそうな人を見ると嫉妬する」等があり、自分が一番でありたい、自分が特別でなければならないと思い込むあまりに周囲を気にしすぎ、「目つきが悪い」「怖い」という印象を与えてしまうことも考えられます。

「顔つき」は何となくそのような特徴があるという程度で、それは障害を断定する判断材料ではありません。障害を抱えていてもそうでなくても、それに近い顔つきの方も居られ、顔つきで判断してしまうと人権侵害にも繋がってしまうので注意が必要です。

特に気になったのは上掲の部分ですね。爬虫類のような顔だとは思いたくもありませんがね…。

 

 

自分のことは結構(かなり)気に入ってるからこそ粗が気になり死にたくなる。コンプレックスがコンプレックスのレベルではなくなる。鏡を割ることもあればよく見ることもある。特別扱いはもちろん大好物で、簡単に舞い踊るし、簡単に鏡を見て絶望する。嫉妬心から攻撃したくてたまらなくなる。

形になっている困難としては自分に対する捉え方のアップダウンが激しいことと、やはり一番は嫉妬が強すぎること。嫉妬は本当に身体に悪い。SNSの普及は、自己愛性人格障害のきっかけの一部ではないかと言われている。SNSも本当に本当に身体に悪い。しかし私個人に関しては、今の状態だとまずをもってSNSをやめられないだろうと思う。

結局のところ、これも自己完結の世界だ。治療法に確実なものはなさそうだ。薬物療法も精神療法も。挙句自分に折り合いをつけろと簡単に言うな。本当に人類向いてないな。

 

 

ところで今日は、ビザの申請に行って参りました。恐らく…受理されたかと思います。

面接は、不安になる内容です。しかも外が雨でイラッ。2時間近く待たされイラッ。別の人間達を見てイラッ。すき焼きは美味しかった。

 

 

昨日なんかもっともなことを言われただけでイラッ。

f:id:oubli:20160628154823j:image

 

 

自分のことを気に入ってはいるので(笑)2回目の小説を書いているけどこれもノイローゼ気味でヒステリー起こしそう。だから今日は酒飲んで寝たい。 

広告を非表示にする

摂食発作

17階から飛び降りたら楽になれたんでしょうが、恐らくもう無理でしょう…

 

 

2日目は、知人とこれから行くことになるスクールのある大学を見学し一気に情緒不安定に…ハワイのバスはちょっと日本人にはありえない感じです。知人の一人はアメリカ人ですが、仏のような人でお世話になっております…彼らがいなければ無理でしたでしょう…

 

確かこの辺りで、デジレルを4T→2Tにしたら動悸震え寒気が一気に到来しえらいことになりました。やはり精神剤は奥が深いですね…危ないです〜

 

 

3日目は、酒を飲みました。酒は私の邪悪な人格を追い払ってくれます。しかしブルーハワイは私を悪酔いさせたようで、いかれてる写真が何枚も残りました。ハイビスカスなどが綺麗だったと思います…。

 

f:id:oubli:20160621133859j:image

あまり記憶が定かではありません…

 

 

そして摂食発作が起こりました。ポテトを食べ過ぎたりと色々ありました…。結局は自己完結の世界ですから…

飛び降りようかと思いましたけど私なりに前後で調整したのと旅行だからと落とし込むことにしました…なんとか…

 

 

昨日は、アラモアナに行ってから知人とフラショーを見ました。アラモアナでは、冒涜的なiPhoneカバーを…

 

f:id:oubli:20160621134231j:image

威嚇に使えそうです〜

 

 

そして、滞在中にまた歳をとってしまいました…

 

f:id:oubli:20160621134442j:image

これは私なりの臨戦態勢です…

 

 

本日は大変な目に遭いました…バスがめちゃくちゃ不安ですから車内で一点を凝視し、睨み付けていました。これが冴えたスタイルだと思います…。しかし、本当にバスがめちゃくちゃです。私のように脳が溶けた人間が順応できるのか一気に不安になりました。現在もですが…。殆どの人は気性がおかしくなくて荒んでいないのと、雨がシャワーで済むのは素晴らしいです。イライラしやすい日本人には、慣れるのが大変かもと知人から聞きました。バスのアプリを駆使してイライラしないようにしたいですが暑くて焦げるかと思いました…

 

 

前回の心残りでした

 

 

文体からも、ちょっと情緒不安定かなと自覚しています。今はエアコンが効いており気分が良いです…あくまで身体的には…

何か他にあったような気もしますが頭が暑さも相まって溶けてしまいましたから冷え固まるのを待ちます…

広告を非表示にする